借金のことで困ったら専門家に相談【インターネットを利用】

お金の問題で苦しんだら

説明

弁護士に話を聞くメリット

弁護士や司法書士に相談する場合は、相談料の有無が気になる部分ですが、無料で相談を受け付けてくれるところも多いです。また相談したからといって正式に依頼しなければならないわけではなく、あくまで話を聞いた上で相談者が依頼の有無を判断することになります。相談する場合は、事前に相談者自身が自分で用意するものを確認しておくことが大切です。それを持参することによって弁護士との話をスムーズに行うことができ、また弁護士もより的確にアドバイスをすることができます。例えば、借金の場合は総額でどれくらいの借金があるのか、またどの債権者(借り入れ先)からいくらの借金をしているのか、いつの時期から借金をしているのかなどがわかれば、具体的なアドバイスがしやすくなります。わかる範囲で自分で調べ、それを書き入れた一覧表のようなものを弁護士に提示すれば最適です。具体的に必要なものについては相談する前に電話やメール等で弁護士に確認し、指示してもらえばいいでしょう。また弁護士や司法書士には守秘義務があるため、相談した内容を第三者に開示される心配はありません。職場や家族や友人などに借金について知られることはないため、安心して自分の現状を説明すればいいでしょう。相談時の注意点としては、できれば隠しておきたいようなことがある場合も包み隠さず正直に述べることが大切です。事実を隠されたり嘘をつかれたりすれば、弁護士としても的確なアドバイスができなくなります。

Copyright© 2018 借金のことで困ったら専門家に相談【インターネットを利用】 All Rights Reserved.